最終更新日

我が子にも受講させているジャストシステムのスマイルゼミが学校の休校発表後に申込が増加しているそうです。それを見越して株価もストップ高水準まで上昇し、その後も高値圏で推移しているようです。

我が子の取り組み具合はと言うと…新3年生になり2年生の時と比べ格段にタブ数が増えました。理科と社会がいよいよ教科として登場です。

果たして学校の授業で全くやっていないのにスマイルゼミで取り組むことができるのか???

結果はこんな感じ。

まずは国語と算数。

難なく100点を取ることができています。公文で少し先取りしているお陰もあるのかもしれませんが、今のところ順調にスマイルゼミで進めることができています。

続きまして社会。

100点が取れています。授業がなくても予習として1人で学習できる内容のようです。そして最後に理科。

残念ながら理科は大苦戦を強いられている様子です。初めて取り組んだ時なんて48点…。これでは本人のモチベーションが心配です。授業はないにしても、週末の休みに学校で配られた理科の教科書を一読させようかと思います。そしたら少しは違うかな???

ところで単元は「春のしぜん」。学校が再開され、2年生の未履修部分をやって3年生の教科書に入る頃にはもしかして初夏かも?初夏に「春のしぜん」をやることになるのでしょうか(^^;)

2ヶ月にも及ぶ予定の臨時休校。学習の遅れをどう取り戻すのか。駆け足でサラッと教えて、理解できなかった子は置いてきぼり?さっさと次に進んでしまうのでしょうか?ゆとり教育世代がバカにされることがありましたが、今回のコロナウィルスで休校になった影響で学習が遅れた世代も「コロナ世代」とバカにされてしまうのでしょうか(>_<)

学校が再開されている子たちとの差を少しでもなくすために我が子にはいつもにも増してスマイルゼミを本気で取り組ませようと思います。

シェアする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメントする