新1年生準備講座から始めたスマイルゼミ。今月で6ヶ月目となりました。

我が家はタブレットの画面にペーパーライクフィルムを貼りました。(スマイルタブレットにペーパーライク保護フィルム)そのフィルムのパッケージにペン先の摩耗が大きくなる旨の記載がありました。

半年程経った現在のペン先の状況はこんな感じです。

はい・・・新品の状態を記録し忘れたので(^^;よく分かりません(笑)

我が子は問題を間違えるとグシャグシャグシャと塗りつぶす行為をするクセがありますので、問題の答えを書いているだけの子より摩耗は相当早いと思います。

1年間はこの芯で頑張ってもらいたいと思っていますが、心配なのでそろそろ替え芯を購入して準備をしておこうかなと思っています。

替え芯はオプション品としてスマイルゼミの公式サイトからジャストシステムのショップへと飛び、購入することができます。

交換用のペン芯3本入り(芯抜き用の金具付き)で税込864円です。まぁまぁ妥当な金額なのかもしれませんが…送料につていの特記がなく、ショップの全体のルール的には下記表の通りでした。

3,240円[税込]以上 無料
3,240円[税込]未満 一律540円[税込]

送料が高いなと感じます。家にある毛抜きでやるから芯だけを定型郵便82円で送って欲しい。っていうか送料・税込864円にして欲しいです!

スマイルゼミを継続利用している子には年に1回(1本)無料で送付してくれるサービスがあれば1番いいのに、ちょっと面倒ですね。

と、不満に思いつつ替え芯の購入手続きを進めると

あら。送料は0円でした!

864円で3本なので1本あたり288円(金具は考慮せず)です。1年間持たせたとすれば年間288円。鉛筆学習とどちらがお得なのでしょう?子どもが小学校に入り、鉛筆の減りの速さに驚いています。

我が家は公文も始めた当初より計算問題や漢字等で「書く」ことが増えたため、公文の筆箱の中の鉛筆の減りは特に早く感じます。

替え芯高い!と思ったものの・・・もしかしたらタブレットの替え芯の方が割安なのかもしれませんね。




シェアする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメントする