那須の森の空中アスレチックNOZARU(ノザル)

最終更新日

母子家庭の夏旅in那須。昨年も行った那須で行こうと思っていたのに施設点検日に当たってしまい休みだったNOZARU。今年こそは!と事前に予約もして準備万端で行きました。

那須の森の空中アスレチックNOZARU(ノザル)とは

そもそも「NOZARU」を知らない方もまだいらっしゃるかと思います。NOZARUとは2017年4月27日に那須にオープンしたアスレチック施設です。敷地内約25,000㎡の森林と傾斜地を利用した日本最大級規模の空中アスレチックで、全66のアスレチックエレメントが用意されています。

那須の森の木々と、元々の地形をそのまま活かし、樹木間にワイヤーロープ等で設置された数々のエレメント(アクティビティ)を、参加者自らが安全器具を操作してクリアしていく巨大「樹上アスレチック」です。
地上10mを超える木の上から、動物や鳥とおなじ目線で森に親しみながら、アドベンチャーを「より身近に」「より安全に」「非日常」を体験でき、子供から大人まで「スリル」と「興奮」が楽しめる新感覚アトラクションです。(公式HPより

コースは2種類用意されています。

NOZARU KOZARU
条 件 身長130cm以上 小学生以下のみ・身長110cm以上
料 金 大人:4,500円、小学生以下:3,500円 1,500円
コース 7コース66エレメント 5コース29エレメント
備 考 小学生以下の方は大人の同伴が必要 保護者は、コースすぐ横で見学付添

NOZARUに行ってみたら・・・

子どもがまだ身長130cm以下の我が家はKOZARUコースを1名で予約し、私と私の母は見学することにしました。車で向かう際に、「ナビに住所を入れて設定したのでは辿りつけない」と聞いていたので、事前にグーグルマップで場所をを確認。ハイランドパークに向かうようにして、あとは道路に出ている看板を頼りに行くことにしました。

3人で看板を見落とさないように注意して走行し、「えっ?ここ?」「ここ?」と不安になりながらも実際には迷わずに到着できました。駐車場に車を置いて、コテージが立ち並ぶ道をそこそこ歩きます。その途中、山の方からゴロゴロゴロと雷が聞こえてきて不安になりながらも受付に到着。

まさかの「営業見合わせ」とスタッフさんから聞かされました( ;∀;)

「雷レーダーで動きを見ているが、しばらく雷が続きそうで…」とのこと。無理してやって事故があっても困るので「営業見合わせ」は仕方ないことです。が・・・2年連続無念の体験できずじまいとなってしまいました。

雷で営業見合わせだった

「営業再開(開始)したら連絡をします。それまでこちらを差し上げていますので」と渡されたのが那須ハイランドパークの入園料無料券!

※実際にはH30.の後に月日も書かれています

NOZARUのスタッフさんにも紹介されたのですが、ハイランドパーク内にはデジタルボルダリング2機、クリッピンクライム6種、エクストリームラン8種からなる屋内アスレチック「ノボランマ」があります。もともとNOZARU後にはハイランドパークに行く予定だった我が家は「ノボランマ」も調べ済み。

「NOZARU・KOZARUに相通ずるものがあるノボランマがありますので、ぜひ体験してみてください」とNOZARUのスタッフさんに言われ、有り難く入園無料券を受け取りました。

体験は子ども1名の予約でしたが無料券は保護者の分もくれました。

ぶっちゃけ…黄色の紙にコピー機で印刷した簡易的な無料券なので「これで本当にハイランドパークに入れてくれるんかい!」と少々戸惑いました(^^;)

ちなみに現在「NOZARUコース利用したお客さんは那須ハイランドパークの入園料が無料」となっていますので、NOZARUコース(大人:4,500円、小学生以下:3,500円)利用者に配っている券と同じなのかもしれませんね。私たちはNOZARUで一銭も払っていないのに無料券をいただけちゃいました。感謝!

ちなみにハイランドパークの入園料は大人1,600円、子ども800円です。

最後に

現地まで行ってコースは見ることができました。絶対楽しいはず!

そんなわけで2年連続でNOZARUをできず「縁がないのかな」「やるなってことかな」と思ったりもしましたが、スタッフさんの好対応や無料券配布の配慮に救われ、また来年も予定には組み込みたいと思っています。体験してみての感想はまた来年以降にことで!

※本日から目次機能を追加してみました。




シェアする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメントする