最終更新日

以前に書いた「全国母子寡婦福祉団体協議会」の祝品をこの度、受け取ることができました。実は祝品と引き換えとなるハガキが届いた際にそこには「月曜日~金曜日(祝日除く) 8:30~17:00」「3/30まで」が引き換え時間とされていたのです。フルタイムワーキングシングルマザー的には「んなもん行けるかー!」となったワケです。

私、専業主婦じゃないんですよ。もちろんフルタイムワーキングシングルマザーでも平日休みの方もるし、夜のお仕事の方もいるでしょうけどね、多くの一般企業の会社員は月~金8:30~17:00って通勤時間か勤務時間ですよね。で、受取を断念したんです、私。

似たようなケースではよく叩かれていますもんね。「そんな(取に行く)時間があるならその時間働いて自分で買ってやれよ」とかって(+o+) えぇ、だから私はその時間も働くことを選択しました。受取に行く時間はありません。

ところが役所の方と電話で話をすると「3/30までは気にしなくていい」って(笑)「品物は届いているので、4月でも5月でも待ってます」って。ならば「有休を取る入学式のあとの夕方にでも」とお返事をしました。

それから数日後、4月某日、たまたま仕事で役所に行く用事があり、ついでに受け取って来ることができました。本当にたまたまで、しかも昼休みから出発したので私用もOKにしてもらいました(^^)

「ご入学おめでとうございます めまぐるし社会情勢の中、慈しみ育てられたお子様のご入学は、さぞかしお喜びの深いことと存じます」と何だか背筋が伸びる思いになるお言葉が印刷されている封筒でした。

そして初めて知ったのですが、この祝品は「NHK歳末たすけあい助成金」によるものだそうです。NHK歳末たすけあい義援金はそこから赤い羽根の募金へといくようです。封筒の左上には赤い羽根共同募金のロゴも印刷されていました。

税金ではなく募金からいただいた祝品。善意のお金から戴いたと思うと少し気がラクです。税金は善意ではないため、「税金の無駄遣い」とか「俺らが払った税金をそんなんに使いやがって!」と何かと叩かれがちなひとり親への支援ですから・・・。

募金をしてくださった方、ありがとうございます。大切に使わせていただきます。きちんと税金を納められる立派な大人に育つよう子育てを頑張ります。もちろん募金も快くできる器の子に育てたいと思います。

中身はこんな感じでした。

自由帳4冊、下敷き、ネームペン、分度器、ポンキーペンシルという色鉛筆?、かきかた鉛筆1ダース、赤青鉛筆2本、赤鉛筆1本でした。思いのほか盛りだくさんで心から感謝です。




シェアする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

コメントする