卒園を控え、逞しく育っていると感じたこと

保育園行事の前には我が子に「山田さん(仮名)は来るの?」と聞かれます。山田さんは元夫のことです。調停で「行事の見学を許さなければならない」と決まりました。そのため行事にはやってくる元夫。しかし、1人でしかめっつらでいるため、知らない保護者からは「変な人がいる」「恐い」と園に意見が寄せられました。園児たちからも「変な人」扱いされているというか、避けられています。

クラス懇談会にも来てしまうため、我が子のクラスメイトには我が子の父親だとバレてしまいました。そのため、行事の途中で元夫が居なくなると「帰ったね。良かったね」なんて言って来る子もいます(;´∀`)

「卒園式に来るの?」の我が子の質問に「来るんじゃない?」と答えました。すると我が子は「じゃあ頑張らなきゃね」って言ったのです。「えっ?何で?楽しみにしているの?」と思ったのですが言ってはいけないと思いとどまっているとこう言いました。「強いところ見せなきゃでしょ。山田さんがいなくても大丈夫ってところを見せなきゃね」って。

これ、円満な夫婦だったのにお父さんが死んじゃった子のセリフだったら涙ものですよね。でもうち離婚ですからね・・・。最初、意味が分からなかったのですが会話をしていくうちに何が言いたいのかが分かりました。

我が子の話を要約すると「父親不在でも立派に育っていますよ。あなたがいなくても問題ありません。あなたを必要としていません」って姿を見せたいそうです。凄いドライな大人の言葉で要約しましたが、内容的にはこんな感じのことを言ったんです。

えーーー!?保育園卒園ともなるとそんなことまで考えられるの?嘘でしょって思いますよね。私もそう思いましたもの。

我が子がこんなに精神的にも逞しくなっていることを卒園を前に実感しました。父親不在でもこの子は大丈夫!でもね、養育費は受け取っています。我が子はそれをまだ分かっていません。実際にはまだ使っておらず、貯金に回しているので「お父さんのお陰で服が買えるんだよ」なんてこともなく・・・。

養育費を払っていることを知っている私的には何だか、元夫が哀れ過ぎて(;´∀`)

そこまで言わせる元夫が悪いし凄いんですけど・・・。

面会交流で会っているのだからいくらでも印象良くすることが可能なのに、その気がないってことですよね。むしろ嫌われることをしてくるのだから。もし嫌われたくてやっているなら、もう十分ですよ(笑)




シェアする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメントする