最終更新日

 正社員でも副業をする人が増えていると言われている現在、皆さんは勤務先が就業規則で副業を禁止しているか否かを確認したことがありますか?就業規則は正社員だけでなく、パート・アルバイトでも遵守すべき会社の規則です。

 私の勤務先は「許可なく他の会社等の業務に従事してはならない」と改定する動きがあります。世の中的には副業を認める会社が増えていると言われていますので、時代の流れに逆行です(゚д゚)!

 正社員でフルタイム働いているとなかなか他社に赴いて勤務するような副業はできませんが、在宅でできるものなら可能ですよね。内職、アクセサリー等をハンドメイドしてネット販売、アフィリエイトやストックフォト等々。これらって副業・・・ですよね。もし就業規則で副業を禁止されたら会社に許可を貰わないと規則違反になってしまいます。

えぇ言いたくない(;一_一)

 「パート・アルバイトは除く」なんて文言は入っていません。シングルマザーで非正規労働者の場合、生活のためにダブルワークしている方もいらっしゃいます。厳しいですね。ダブルワークをよく思わない勤務先もあると思います。自社の業務を疎かにされるのではないか?疲れていて自社の業務でミスをするのではないか?事業主側の気持ちも分かりますが…生活がかかっている以上、稼がなければならないシングルマザー。

 就業規則規則違反で解雇されるよりは、正直にダブルワークを話して許可を貰ったほうが安心ですが、気が重いですね。 

 ちなみにポイントを貯めて、お小遣いを稼ごう!~ちょびリッチ~等々、ポイントサイトと呼ばれるものがたくさんありますが、こう言ったポイントサイトで稼いだ分も手段を問わず(広告の利用、アンケート、お友達紹介等)20万円以上なら、現金や電子マネー等に交換した時点で課税の対象になります。つまり所得と見なされるワケですから、立派な副業ってことですよね。

 でもこんなのパート先に言えない(笑)ポイントサイトくらいなら言わなくて許してくれそうな気もしますが線引きが難しいですよね。

 ダブルワークや副業をしているシングルマザーは多いと思います。そんなシングルマザーにとっては会社の副業に関する就業規則は要チェック事項です!

 私も課税対象になる程には稼いでいませんが、額を問わず本業以外の収入先を「副業」と呼ぶならば就業規則が改定されたら・・・。本業を失うのが1番恐いので、念の為「副業」は辞めて、FXや株等の「投資」だけにしようかと思います。




シェアする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

コメントする