離婚を巡るトラブルで殺人

最終更新日

離婚をするのも命がけの時代になったのでしょうか…。

警視庁が2016年に摘発した殺人事件(未遂含む)のうち55%が親族間で起きていたと発表しました。親族間なので「孫と祖父母」だったりもあり「親子」「夫婦」とは限りませんが、離婚を巡っての殺人もそれなりにあったのではないでしょうか。

2016年摘発ではありませんが、下記2つの事件は記憶にも新しく、また「逮捕されたのが現職の警察官」や「被害者の人数」等の世間に衝撃を与えるものだったため大々的に報道されました。



2017年10月6日、茨城県日立市田尻町の県営アパートで火災が発生。母子6人がお亡くなりになりました。夫であり子どもの父親でもある男が出頭し、逮捕されました。6人の遺体には全て刺し傷や切り傷があり、父親が家族全員を刃物で刺すなどした後、部屋に火を放った可能性が高いようです。そして動機については「妻と離婚を巡るトラブルがあった」との供述をしているようです。(捜査段階の話。事実は裁判で明らかになるでしょう)

同じく2017年6月6日に福岡県で起きた福岡県警(元)巡査部長による無理心中に見せかけて妻と子ども2人を絞殺した事件です。この福岡の事件でも「子供が成人したら離婚」なんて報道もあり、子供がいなければすぐにでも離婚をするくらいの夫婦間のトラブルがあったのでしょう。

刃物で刺したと首を絞めたの違いはありますが、妻子全員を殺害し、犯人は夫・父親であり、その背景には「離婚」があります。

逮捕されたのはあまり働かない男と県警巡査部長で、普段の生活態度は違う2人。このことから、夫は警察官だから、夫は公務員だから、夫は議員だから、「だからバカなことはしないだろう。大丈夫」なんてことはないことが分かります。私の離婚もこじれていたので、私も私の子どもも一歩間違えば…だったと思うと言いようのない恐怖を覚えます。

夫婦のトラブルで「妻が夫を…」は聞いたことがあっても(警察庁の平成26年の犯罪統計によると、配偶者間で行われた殺人の検挙件数157件のうち、女性配偶者が加害者であった割合は41.4%(65件)となっています。加害者は男女比6:4)「妻が夫と子どもを…」は記憶にないです。

なぜ男は離婚トラブルで子どもの殺害にも及ぶのでしょうか…。



そもそも男女共に言えることですが殺人はしないのが当たり前です。例え心の中で「死んでしまえー」と思っても、実際には殺さないですよね。

例えば相手の不倫で離婚をすることなり、ものすごくムカついても殺してしまっては罪の重さは「不倫<殺人」です。不倫した相手よりも自分が悪者になってしまいます。あぁ~バカバカしい。

何かしら不満を残したまま離婚をしている人はいっぱいいます。双方が大満足な条件で離婚している夫婦なんてほとんどいないと思います。慰謝料を払わなくて済んでホッとしている夫がれば、その裏では不満に思っている妻がいるでしょう。親権・養育権を取れてホッとしている妻がいれば、その裏では子どもの意思等も無視して面会交流に躍起になる夫がいるでしょう。

皆、何かを妥協して離婚をしていると思います。離婚後しばらくは妥協せざるを得なかった点に沸々と怒りを覚えることもありますが、それでも殺人を犯すよりは楽しい人生を送っています。

私は離婚の大変さや、離婚条件の不満を経験しています。かなり元夫にはムカついていました。が、こういう事件を見ると離婚ごときで殺人!?って思います。「離婚」の事の大きさも重々知っているのですが、殺人に比べたら「離婚ごとき」です。離婚ごときの揉め事で殺人の罪を負うなんて勿体無いです。離婚したって人生終わりじゃないです。離婚後の人生は離婚前に想像した人生より全然楽しいです。

慰謝料を払うことになったからって人生終わりじゃないですし、財産が半分になったからって人生終わりじゃないです。これからも働いて稼げばいいんです。

親権を取られたからって人生終わりじゃないです。子どもが成人すれば「親権」なんて関係ないですから。面会交流が認められなくても人生終わりじゃないです。裁判所でも認められないってことは何かしら問題があるのでしょうが、その問題は改善するとして、子どもが成人するまであと10年ですか?15年ですか?人を1人に殺して収監されるのと同じくらいですね。同じ15年なら刑務所で過ごしますか?でも子どもの母親を殺しておいて出所後にどのツラ下げて子どもに会いに行くのでしょうか。会いに行けないですよね。一般社会で真っ当に生きていた父親であれば成人した子供に合わせる顔くらいはありますよね。

子どもを思って養育費を払うだけでも、子どもはいつか分かってくれます。「養育費を払うだけ?俺はATMか!」と言われそうですが、そう言って嫌々払っていたか、自分を思って払ってくれていたかも何となく分かってしまうものです。少なくとも私は父が稼いでくれたお金で大学にまで行けたと思っていますし感謝もしています。別に言葉で何か言われたワケではありませんが、学費を稼ぎ、私を思って支払ってくれたと感じ取れるからです。そのため私は両親が離婚後、母には言わずに父に会ったこともあります。後に母に「父と会った」と報告しましたが、特に拒否反応とかはありませんでしたし、むしろ子育てを終えた母も父に感謝している様子が窺えました。

殺意を持って家族全員殺害するなんてそれこそ人生終わりです。死刑。自ら望んで人生終わりにしたいとしても人を巻き込まずに1人で逝ってください。でも「妻子に捨てられて死んだ」なんて言われちゃいますよ。最後の最後にプライドがズタズタになるより、離婚後、人生の巻き返しを図っが方が良い生涯を過ごせると思います。

離婚・配偶者への不満から殺人なんて事件が続かないことを祈ります。




シェアする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメントする