公文に通い始めて早いもので4ヶ月。4月からは英語もセイハ英語学院から公文に乗り換えました。

英会話主体のセイハから会話主体ではない公文式へ。会話主体ではないものの専用機械E-Pencil(イーペンシル)でのリスニングで耳は鍛えられます。公文式では聞く・読む・書くを鍛えられそうです。

体験学習の時はくもん教室所有のE-Pencil(イーペンシル)を借りて行いましたが、正式に申込をして、早速我が子専用のE-Pencil(イーペンシル)を購入しました。

E-Pencil(イーペンシル)は公文の1教科の料金と一緒6,480円。

ネット環境がない方に限り教室でも購入できるようですが、基本的には教室を通さずに自分でネット購入するようです。送料・手数料はかかりませんでした。

子どもは喜んでやっています。E-Pencil(イーペンシル)から聞こえる単語は自分でも発音するのですが、恥ずかしがることなくすごーくいい発音です。

子どもの頃はこういった機械を使ってやるのってゲーム感覚で楽しかったですよね。私も好きでした。

英会話教室は通うだけではきっとダメなんだと思います。自分の名前や年齢は英語で答えられるようにはなりましたが、他は・・・???

今の方がドンドン単語を覚えていって、身についている感じがします。

ちなみになのですが、元夫は英語が得意だったと聞いた事があります。確かに挙式で海外に行った際、ペラペラに喋っていました(゚д゚)!あの時はちょっとだけカッコよく見えたのですが、今となっては・・・( 一一)

まぁ、お勉強に関しては・・・学業成績に関しては元夫に似てもらっても全然構いません。だからって「お父さんに似て成績優秀」とか「お母さんと違って成績優秀」とかって言われるのは癪にはさわりますが(-_-;)

まだ新1年生。どっち似なのか、文系なのか理系なのかも分かりません。きっと公立の小学校1年生の成績なんて「よくできた」「できた」「がんばろう」みたいな感じの三段階で、甘い評価ですよね。

今はコツコツと取り組むことを教えるのみです。ガンバレ!我が子!ガンバレ!新一年生!!




シェアする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメントする