最終更新日

スマイルゼミを新1年生準備講座から始めた我が子。年長の12月がスタートでしたので、小学1年生1月現在、丸1年が経過しました。

半年経過した時に書いた専用ペンの芯についての記事

1年経過してペン先がどうなったかと言うと

半年前に記事にした時と比べて擦り減っている様子が見受けられます。

スマイルゼミは「デジタイザーペン」と呼ばれる専用ペンを利用します。この「デジタイザーペン」が意外と高いんです。「スマイルゼミさん、ぼったくり~」なワケではなく意外と高いんです。よそで安価な物を探そうかと思ったのですがAmazonや楽天で検索してみてもどれも高価なものばかり。

例えばソニーのVAIOだと・・・

スマイルタブレット3 純正デジタイザーペンは3,024円がお安く見えて来る不思議・・・。

それでもペン丸々を買い替えはもったいないのでやはり替え芯を購入しました。以前の記事の通り送料も込みで864円でした。

購入するページには「出荷目安:3~7日前後」と書いてはありましたが 、木曜日に購入手続きをして、土曜日に届きました。 当日か翌日には出荷してくれたということでしょう。迅速な対応ですね。

実際に届いたものはこちら。

段ボールの箱に入って、袋型のプチプチに入って、写真の様なチャック付きの小袋に入っていました。芯だけはさらに小袋に入っているという丁寧な梱包で届きました。

芯の交換自体は説明書は付いていませんでしたが 、とーっても簡単でした。

まずは芯抜き用の金具で引っこ抜く。力はいりませんでした。抜いたら、届いた芯をプスッと差すだけ。簡単すぎて「これでのいいの?」と思ったくらいです。

どれくらい擦り減っていたかというと

上が1年1ヶ月使った芯、下が今回届いた新品の替え芯。並べてみると若干ですが擦り減っているのが分かりますね。全体で見ると若干ですが、ペン本体から出る部分だけで見ると、半分以上は減っている状態です。

ちなみに我が子の使用状況はゲームをする時は指で操作しています。勉強をする時のみデジタイザーペンを使用しています。 講座はほぼ毎日今日のミッションのみを行っています。ただし、間違えると「イィィィ」(; ・`д・´)っとなって答えをぐちゃぐちゃぐちゃ~と塗りつぶす行為をします( ;∀;)無駄に擦り減っている気がします。。。

あと我が子のタブレットには「ペン先の摩耗が大きくなる」と注意書きがされたペーパーライク保護フィルムを貼っています。

この状況で1年に1本で耐えられる芯なら良しとすべきなのでしょう。
でも1年に1回、継続受講を決めた人に替え芯を1本、自動的に送付してくれるサービスがあれば嬉しいですね。

とりあえず残りの2本は失くさないように慎重に覚えをして保管しておきます。

シェアする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメントする