最終更新日

この度、膀胱炎になったHAHAKOです。女性であれば2人に1人は死ぬまでに1度は経験すると言われているらしく、特に働く女性、更年期の女性は注意した方がいいそうです。私のことか!Σ( ̄ロ ̄lll)

子どものころにトイレを我慢していると「膀胱炎になるよ!」と親に言われましたが、今回トイレを我慢したという自覚はなく膀胱炎を発症しました。冷えやストレスを溜めるのもよくないようで、これらによって免疫力が低下していたことが原因かなと思っています。

過去に膀胱炎を悪化させて腎盂腎炎にもなったことがあるため、早めに対処に動きました。ただ休日であったため、救急で病院に行くのが躊躇われ、市販の薬を買いに走りました。

購入したのは「腎仙散」という漢方薬です。

他の膀胱炎向けに販売されている市販薬は「利尿作用」で尿を出させ、一緒に菌も出させようとするお薬なのですが、この「腎仙散」だけは「利尿作用」のある漢方に加え、「抗菌作用」を持つ漢方も含まれているため、より効果が期待できるとのことです。

また、漢方のため副作用のリスクもありません。抗生物質は副作用が心配という声が高まっていますので、腎仙散で治るなら有り難いことですよね。

シングルマザー、仕事に家事・育児、忙しい日々で自覚のないまま疲れやストレスを溜めていませんか?そして冬。節約の為に暖房を点けるタイミングが遅れがちだったります。「菌」が原因の病気ですが、疲れ、ストレス、冷えが重なり、膀胱炎の発症率は高くなります。

また「あれ?」と違和感を感じてもすぐに病院に行けないのもワーキングシングルマザーの「あるある」ですよね。

今回の私の膀胱炎は「腎仙散」を1日3回飲み、翌日には排尿時の独特の痛みはなくなり、楽になりました。念の為、3日目の今日まで飲み続けようと思っています。

こんなアルミ分包包装でサラサラの粉状の漢方薬です。漢方独特の臭いと苦みがありますが、白湯で流し込めば喉に残る感じはなくスーッと入っていきました。

違和感を放置すると、過去の私のように腎盂腎炎へと発展しかねません。高熱でつらく、入院を余儀なくされるでしょう。母子家庭の母が入院とは一家の一大事です。子どもの預け先、有休が残っていないと働けない分の給与減る等々。膀胱炎、早めの対処するに限ります!

私も以後気を付けます。




シェアする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメントする